2011年06月11日

伝統の塗り


「竹スピーカー」がやっと完成?しました。
音の拡散を押さえる「ディフューザー」の原型を
ウメダ電器さんに作ってもらっていました。
閉店してから毎日、表面の加工をし、
塗装として「柿渋」を塗ることにしました。
数度、塗り重ねてやっとこの程度の濃さになりました。
昨夜、真鍮の丸棒を加工し、取り付けました。
なかなか竹の表面の風合いにマッチしたと自画自賛しています。
ウメダ代表は漆塗りとコラボレーションしようとしていますが、
伝統的な塗装はなかなか奥深く、難しいものです。
それだけに仕上がりが楽しみでもあります。

土台も塗り直したらとの意見もあり、思案中です。


同じカテゴリー(ティールーム)の記事画像
「和歌山コウちゃん」情報
バッタの目覚め
魔除けの「おにっ子」
卵のいたずら
ハロウィンには早いですが
風を感じて
同じカテゴリー(ティールーム)の記事
 「和歌山コウちゃん」情報 (2014-06-17 20:01)
 バッタの目覚め (2014-04-23 13:54)
 魔除けの「おにっ子」 (2013-11-15 15:46)
 卵のいたずら (2012-05-05 12:00)
 ハロウィンには早いですが (2011-08-20 09:37)
 風を感じて (2011-08-04 12:00)

この記事へのコメント
完成おめでとう
お聞かせ頂くのを楽しみにしています
Posted by おかしょうおかしょう at 2011年06月13日 18:05
おかしょうさん
いつもありがとうございます。
またゆっくりお聴き下さい。
好みのCDがあればお持ち下さい。

庭ブロにも写真投稿はじめました。
ここは反応が早いですねえ。
Posted by 若太夫若太夫 at 2011年06月13日 18:08
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。