2014年04月27日

幾万の体内時計鳥雲に 深澤鱶


幾万の体内時計鳥雲に」深澤鱶

昼間の暑さが想像できないほどヒンヤリとした夜明けでした。
コウノトリ(J0057)はすでに飛び立ってどこにもいませんでした。
唯一姿を見られた4爺さんによりますと、
午前5時すぎに鉄塔を離れ北の山裾のほうに飛んで行ったそうです。
あとの観測隊も周辺を探しましたが見つかりません。
私は久しぶりに紀の川へ向かいました。
干潟はありませんのでコウノトリも他の水鳥たちもいません。
時折上空をアオサギが、またカワウが水面近くを飛んでいきます。
小鳥たちに出会えた日曜朝の河原散策です。
(2014/04/27 AM5:23~6:17 和歌山市)










同じカテゴリー(ひかり)の記事画像
紀ノ川点描
コウノトリ(J0057)情報
コウノトリ(J0057)情報
コウノトリ(J0057)情報
コウノトリ(J0057)情報
コウノトリ(J0057)情報
同じカテゴリー(ひかり)の記事
 紀ノ川点描 (2014-08-18 07:54)
 コウノトリ(J0057)情報 (2014-08-17 07:27)
 コウノトリ(J0057)情報 (2014-08-16 07:06)
 コウノトリ(J0057)情報 (2014-08-14 09:42)
 コウノトリ(J0057)情報 (2014-08-13 09:39)
 コウノトリ(J0057)情報 (2014-08-11 07:50)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。