2011年08月26日

「未来は自分で照らすのさ」


先日の休業日に大阪で映画を観てきました。
イタリア映画『人生、ここにあり!』です。
舞台は1983年のイタリア、ミラノ。
型破りな活動で労働組合を追い出されたネッロが行き着いた先は、
精神病院の閉鎖によって社会に出ることになった元患者たちの協同組合。

1983年にイタリアで制定された「バザリア法」によって精神病院が閉鎖され、
元患者たちが一般社会で暮らせるようになっていった実話をもとにしています。
私たちの「社会」がいろんな人たちで成り立っており、
それぞれがきちんと役割を持っているということを改めて教えてくれる映画です。

とにかく明るいイタリア映画です。面白い映画です。
登場人物の合言葉は「"Si Puo Fare!(やればできるさ!)」です。
そして「未来は自分で照らすのさ」です。

2008年にイタリアで公開されるや大ヒットとなり、社会現象にまで発展した映画です。
現在全国で上映が始まっていますが、残念ながら和歌山では上映の予定はありません。
今上映されているのは大阪梅田の「梅田ガーデンシネマ」です。
  

Posted by 若太夫 at 12:49Comments(0)音楽・メディア

2011年06月12日

原点はシンプル 風・・・


カリンバ(KalimbaまたはCalimba)です。
数年前、高野山天軸山の「クラフトキャンプ」で購入しました。
静岡の若きクラフトマンが自作のカリンバをいっぱい並べていました。
そのすべての音色を一日かけて聞き比べました。
そしてその日の自分のヒィーリングに合ったものがこれでした。
共鳴板は椰子の実で、たいへんきれいに仕上げています。

カリンバはアフリカの楽器の一つで、演奏は板や箱の上に並んだ鉄や竹の棒を
親指の爪ではじくだけという、とてもシンプルな楽器です。
オルゴールのルーツとも言われています。
アース・ウィンド・アンド・ファイアーのモーリス・ホワイトなど有名な奏者がいますが、
そんなにきちんと演奏しなくとも気分で鳴ってくれる楽器です。
爪で弾くと「風の音」「潮騒」、「森の樹々の音」・・・いろんな音が聞こえてきます。
一度試してみませんか?  

Posted by 若太夫 at 12:12Comments(0)音楽・メディア

2011年06月08日

用の美 美の用


未完成ですが、あまりきれいなので一枚。
「竹スピーカー」のパーツ『ディフューザー』です。
バンブー倶楽部代表のウメダ電器さんが製作してくれました。
製作過程はhttp://umedastyle.com/内のブログに詳しいです。
機能を追求していくと美しくなるというのはよくあることですね。
このパーツももう少し磨いた上で塗装という段階ですが、
このままでも味わい深いです。
もう少し眺めてから最終加工を考えます。


「美の用」という言葉にはしっくりこないかも知れませんが、昨日このCDが手に入りました。
気持ちの良いアートとはこんなもののことを言うんでしょうか。
聴けば聴くほど「間に合う」音楽です。
「間に合う」・・・ どこかで聞いたような・・・
『Kimura Sings Vol.1~Moon Call 木村充揮』です。  

Posted by 若太夫 at 16:21Comments(0)音楽・メディア

2010年08月04日

史上最大の作戦


ミッチ・ミラーさんが亡くなりましたね。
映画「史上最大の作戦」(62年)や「大脱走」(63年)の主題曲など
ミッチ・ミラー合唱団によって記憶に残った名画も多くあります。
また63年から毎週日曜の昼すぎにNHK総合テレビで放映された
「ミッチと歌おう」は男声合唱のすばらしさを初めて教えてくれました。
あの立派なあごひげが印象的でした。

アップしたのは店の玄関脇に掛けている額ですが、
ミッチ・ミラーさんではありません。
---------------------------------------------
TeaRoom BURFORD(バーフォード)
 和歌山市船所28-1
 tel 073-453-1293
・営業時間
 月~金…午前10時~午後6時
 土・日・祝日…午前9時~午後6時
・定休日 火曜日

【メニューお知らせ】 http://blog.tearoom-burford.com/
tea@tearoom-burford.com
---------------------------------------------  

Posted by 若太夫 at 14:42Comments(0)音楽・メディア

2010年06月23日

まさにクラウド


すごいサイトが公開されました。
1940万冊の書籍が寸時に探し出せるサイト『ウェブキャットプラス』です。
http://webcatplus.nii.ac.jp/
国立情報学研究所が開発し、これまで主に研究者向けに公開していたそうです。
検索した書籍が自分の書棚の中に保存できるというまさに「クラウド」そのものです。
近々、iphone向けにも公開するそうです。

---------------------------------------------
TeaRoom BURFORD(バーフォード)
 和歌山市船所28-1
 tel 073-453-1293
・営業時間
 月~金…午前10時~午後6時
 土・日・祝日…午前9時~午後6時
・定休日 火曜日

【メニューお知らせ】 http://blog.tearoom-burford.com/
tea@tearoom-burford.com
---------------------------------------------  

Posted by 若太夫 at 12:00Comments(0)音楽・メディア

2010年03月19日

環境音楽


今、店内ではこの人の音楽が聞こえています。
癒し音楽演奏家で作曲家・キーボーディストの松尾泰伸さんです。
たくさんのCDを出されていますが、写真のCDは
02年の2月に発売された『for TERRA』の一部です。
サクラをモチーフにした音楽をたくさん作曲されている松尾さん、
今月27日(土)には久しぶりに那智勝浦町で 「ピアノソロコンサート」を開きます。
詳しくはhttp://02ma.com/で。
松尾さんの音楽は、なぜか「竹スピーカー」にぴったりマッチしています・・・。  

Posted by 若太夫 at 17:41Comments(0)音楽・メディア

2010年03月19日

里帰り


「竹スピーカー」が里帰りしてきました。
今、お客様が作った竹スピーカーが店で鳴っていることは以前書きました。
すると昨日は私自身の作った「竹スピーカー」が里帰りしました。
一番始めに作ったスピーカーで私は『かぐや姫』と呼んでいます。
とあるお店で鳴らしていただいていたのですが、
別の嫁入り先が見つかりましたので、
一時里帰りとなったわけです。  

Posted by 若太夫 at 10:00Comments(2)音楽・メディア

2010年03月07日

すっくと伸びた・・・


今日はうれしい二本のお客さまがお見えになりました。
『竹スピーカー』さんです。
以前から友人と試行錯誤を繰り返してきましたが、
うれしいことにその輪が広がっています。
これまでの悪戦苦闘ぶりは友人のブログに詳しく載っています。
http://blog.umedastyle.com/?eid=1472380
その輪が広がったお一人が今日、自作した『竹スピーカー』を
持参して下さいました。
他のお客様の少ない時に現行のオーディオシステムに繋いで鳴らしますと・・・・。
たぶんしばらくは店内に置いてくださると思いますので一度お聴きにお越し下さい。
「透明感」「広がり」が感動です。
もちろん私自作のスピーカーも気には入っているのですが、
この『竹スピーカー』には改めて感動させられています。  

Posted by 若太夫 at 17:39Comments(4)音楽・メディア

2010年02月24日

アビーロード、その後



今朝の朝日新聞『天声人語』はアビーロードスタジオのその後について述べています。
所有者のEMIグループが世界中の「売らないで」コールに押されて「売却断念か」とか。
そして最後は「願わくはレット・イット・ビー、あるがままに」とまとめられています。
「Let It Be」・・・いい言葉ですね。
写真はアビーロードスタジオの正面に落書きする少女たちと、
あの横断歩道を撮影する世界中のおじさんたちです。
もちん私もこの中に入っていました。  

Posted by 若太夫 at 08:49Comments(3)音楽・メディア

2010年02月17日

アビーロード!

今朝の各紙にはオリンピックの話題に混じって「アビーロード・スタジオ売却へ」のニュースが。ビートルズ御用達の伝統あるスタジオも売却か・・・。バブルの頃だったら「日本人が買った」なんてニュースも?ですね。写真は現地で撮った一枚。どこかの国のおじさんたちがうれしそうに「あの交差点」を歩いています。私は恥ずかしかったですが・・・。  

Posted by 若太夫 at 09:10Comments(0)音楽・メディア