2014年06月18日

コウノトリ(J0057)情報


きざはしを天につなぎて雨蛙」稲畑汀子

今朝は傘を差しての観察でした。
午前4時20分ごろ、少し目を離したすきに
コウノトリ(J0057)は鉄塔を離れました。
たぶん西の水田でしょう。
居ました。
小雨が水面をたたいています。
雨の中のコウノトリも絵になります。
日ごろの手入れのおかげか、
きれいな羽からは雨が粒になった滑り落ちています。
餌には困らない季節になりました。
(2014/06/18 AM4:35~5:15 和歌山市)







  

Posted by 若太夫 at 06:42Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2014年06月13日

コウノトリ(J0057)情報


ますます早起きになってきたコウノトリ(J0057)に
ついていけなくなりました。
どうも午前4時15分ぐらいにすでに飛び立ったようです。
4爺ともその姿を見ていません。
それでも近くの水田にいてくれたのですぐに見つかりました。
水面にお日様が輝く頃にはアオサギたちもやってきます。
日の出の静寂を破るアオサギの大きな声が辺りに響きます。
コウノトリは我れ関せずとばかりに黙々と水田を歩いています。
大物の風格が見えてきました。
(2014/06/13 AM4:50~6:07 和歌山市)






















  

Posted by 若太夫 at 10:17Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2014年04月16日

コウノトリ(J0057)情報


土塊の田のでこぼこを春の鳥」渡邉孝彦

「大きな鳥ほど見つけくい」今朝はこんな実感を持ちました。
午前5時15分ごろ鉄塔を飛び立ったとの情報を得て、
コウノトリ(J0057)を探しました。
小学校そばの休耕田にいました。
この時はまだ、長く伸びた草の中に大きな身体がよく見えました。
そしてこのあと西へ飛び立ってから「鬼ごっこ」です。
4爺勢ぞろいで周辺を探しました。・・・どこにもいません。
諦めて戻ろうと、さっき通った用水路の横を通り過ぎようとしました。
すると長老の大きな声が。「ここに居るやないか!」
大きな身体が水面を突いていました。
「灯台元暗し」このトリを追いかけているとよくあります。
たぶん私たちの気づかない電柱の上あたりから
見下ろしているんでしょうね。
えんどう豆の花がきれいでした。
(2014/04/16 AM5:43~6:44 和歌山市)








  

Posted by 若太夫 at 09:38Comments(0)ふるさと里山野の草花コウノトリ

2014年04月09日

コウノトリ(J0057)情報


昨日の午前見かけたのを最後に
姿を消したコウノトリ(J0057)を探して4爺が周辺を巡りました。
暖かくなったのを見極めて旅立ったのでしょうか。
去年は4月10日の早朝、
紀ノ川南の高圧鉄塔に居たのが最後の確認でした。
一段と逞しくなった「青年」がどんな姿で戻ってくるのか
楽しみに待つことにします。
紀ノ川の夜明けはいつもと同じ静寂でした。
小鳥の種類も多くなってきました。
(2014/04/09 AM5:41~6:25 和歌山市)
(最後の写真は去年4月10日6時10分、有本の高圧鉄塔にいるJ0057)









  

Posted by 若太夫 at 09:45Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2014年04月08日

コウノトリ(J0057)情報


一山に鳥声はづむ花まつり」村田近子

冷たい夜明けを吹き飛ばすようなまぶしい朝日が昇ってきました。
カラスの威嚇にクラッタリングで応戦していたコウノトリ(j0057)は
午前5時50分、朝日に向かって飛び出しました。
そして何度か鉄塔を渡りながら空中戦をしたあと
西の用水路に向かって飛んでいきました。
飛翔のバックになっている和泉山脈は今まさに「山笑う」です。
団地そばの用水路ではいつものアオサギもいない中、
餌を探していましたが今朝はどうもありつけない様子でした。
帰り道、小学校の前を通ると桜が
まだしっかりときれいな花をつけていました。
明日の入学式には桜吹雪で新一年生を迎えるのでしょうか。
(2014/04/08 AM5:41~6:28 和歌山市)








  

Posted by 若太夫 at 10:17Comments(0)ふるさと里山ご近所コウノトリ

2014年04月07日

筍や・・・


筍や若々しさをもて掘られ」稲畑廣太郎

今朝は忙しい朝でした。
コウノトリ(J0057)を確認したあと
すぐに冬野の竹林まで友人と「筍堀」に出かけました。
毎年この時期に誘っていただく「竹林詣」です。
この竹林は友人が「竹スピーカー」を創るきっかけになった林です。
「竹スピーカー」については
ウメダ電器のブログ(http://umedastyle.com/)をご覧ください。
この竹林のすぐ手前に小さな用水池があります。
近寄っていくと何やら水面を横切っていきます。
オシドリのオスでした。
近くにメスがいると思うのですが見当たりませんでした。
久しぶりに入る竹林は清清しいの一言です。
持ち主に言われていた通り至る所にイノシシの掘り返した穴が見えます。
美味しい筍はすでに食べられたようです。
それでも家族が食べるには十分な量が収穫できました。
一年に一度ですが毎年やっていると筍鍬の使い方にも慣れるようです。



  
タグ :タケノコ


Posted by 若太夫 at 12:03Comments(0)ふるさと里山

2014年03月31日

コウノトリ(J0057)情報


どこまでも桜の出逢ひある一日」稲畑汀子

昨日の嵐を平地で避けたコウノトリ(J0057)は、
今朝はいつもの鉄塔から活動開始です。
ますます花盛りになってきた鳴滝川を見下ろしながら
西へ向かって飛び立ちました。
桜吹雪が舞う中、後を追う3爺。
いつもの場所を探しますが隠れん坊です。
用水路をぐるっと廻って再び鳴滝川堤防へ戻ってきました。
雲間から朝日が顔を出しました。
(2014/03/31 AM5:37~6:49 和歌山市)












  

Posted by 若太夫 at 09:21Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2014年03月02日

コウノトリ(J0057)情報


薄っすらと東の空に紅色が見えるころ、
コウノトリ(J0057)は飛び立ちました。
今朝は鳴滝川の上空を何度も旋回してくれました。
そして一度は川に降りましたが、土手を歩いて上りそのまま北へ。
梅畑にいました。
「梅にコウノトリ」もいいものです。
(2014/03/02 AM6:07~7:16 和歌山市)







  

Posted by 若太夫 at 11:38Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2014年01月30日

コウノトリ(J0057)情報


雨の夜明けでした。
こんなに暗い朝はコウノトリ(J0057)の活動も遅いようです。
午前6時55分、カラスにせかされるように
東に向かって飛び立ちました。
そのまま東の空へ消えていきました。
紀ノ川は満潮に近く、浅瀬がありません。
川へ降りずにどこへ行ったのでしょうか。
雨の紀ノ川はいつもの鳥たちが朝の活動を始めていました。
鳴滝川の土手にはジッと「春」を待っている自然がありました。
(2014/01/30 AM6:37~7:28 和歌山市)






  

Posted by 若太夫 at 08:29Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2014年01月28日

コウノトリ(J0057)情報


まだ暗いうちに鉄塔を飛び立ったコウノトリ(J0057)を探して紀ノ川へ。
東南の空には明けの明星と
細くなった月齢26.7のお月様が仲良く光っていました。
対岸の鉄塔の線上の浅瀬にいたコウノトリは
数百メートル西の浅瀬へ飛んだかと思うと、
若宮八幡神社の森の上を南へ飛び去りました。
たぶん大門川に行くのでしょう。
帰ろうかと思ったその時、
一羽のミサゴが目の前の水面にダイブ。
水しぶきがあがりましたが、何やら様子が変です。
鳥の姿が見えません。
やっと片方の翼が見えましたがまるで溺れているようです。
と、いきなり飛翔。
見ると、いかつい足には大きな魚がしっかりと捕まえられています。
重そうに水面を飛んで行きました。
一瞬のドラマでした。
河原では春の近さを感じさせてくれる草花が
うっすらと霜を被っていました。
(2014/01/28 AM6:30~6:59 和歌山市)













  

Posted by 若太夫 at 08:02Comments(0)ふるさと里山野の草花コウノトリ

2014年01月25日

コウノトリ(J0057)情報


昨日に比べれば暖かな夜明けでした。
夜明け前の青い東の空に薄っすらと見えるコウノトリ(J0057)は、
ここ数日の習慣のように真っ直ぐに紀ノ川対岸へ飛び立ちました。
土曜日とあって対岸のグラウンドには
早くもサッカー愛好家の姿が見えます。
その真下にコウノトリがいることに、だれ一人気がついていないようです。
紀ノ川上空にはいろんな鳥たちが特徴ある羽ばたきを見せていました。
いつもの紀ノ川風景です。
(2014/01/25 AM6:28~7:14 和歌山市)







  

Posted by 若太夫 at 12:45Comments(0)ふるさと里山コウノトリ

2013年06月02日

・・・鴨の水


堰落ちて音の変れる鴨の水」青山悠

  

Posted by 若太夫 at 07:39Comments(0)里山

2013年04月21日

雨つむぎ


和歌山市から飛んでいったコウノトリ(J0057)かも知れません。(このブログに)

※読者からの指摘で、この写真は去年の写真ですので彼ではなさそうです。
 早く元気な写真が見たいものです。
 この辺りにはコウノトリが頻繁に行き交うようですね。

雨つむぎ言の葉つむぎゆく落花」山田弘子
  

Posted by 若太夫 at 10:46Comments(0)里山

2012年08月24日

・・・秋暑し


うら山のひたと動かず秋暑し」並松 玉哉

  

Posted by 若太夫 at 09:37Comments(0)里山

2011年10月02日

初啼き


冷たい朝でした。
金木犀も薫ってきます。
今朝は初めて百舌鳥が来ました。

  『鵙の聲
  
      我も百姓

     鍬をふる


       是木 二楽





  

Posted by 若太夫 at 09:08Comments(2)里山

2011年04月14日

春の恵み


けさ「竹スピーカー」の原点となった和歌山市冬野の竹林に筍堀りに出かけました。
里山には清々しい空気が漂っていました。
ため池にはきれいな青空が・・・。
筍は今年はまだ少し早かったようで、このあと一雨くれば一気に出てくるようです。


  

Posted by 若太夫 at 10:17Comments(0)里山

2011年01月14日

山も海も・・・


山も海も青空でしょうか。
凛とした気持ちの良い夜明けでした。


昨日は「バンブー倶楽部」の実質的なデビューの日でした。
NHK和歌山の取材がありました。
他のメンバーは朝早くから竹林で山整備、午後から弊店で
「竹スピーカー」の製作とお客様の反応などの収録でした。
メンバーの製作したスピーカーが店内で鳴っているのですが、
こんなに注目されたことは初めてではないでしょうか。
このスピーカーは形は目立ちますが、
ここから音が出ているということがわかりにくいという本当に不思議なスピーカーです。
たまたま来店されていたお客差にインタビューされていましたが、
どんな感想をお話されたのか番組を見るまでわかりません。
楽しみです。
あとは裏庭で暗くなるまで、竹の油ぬきや組み立てなどの作業を収録しました。
どんな具合に編集されるのか不安でもあり、そして楽しみが膨らみます。

番組の日時は
・1月18日(火曜日)「わかやまNESWウェーブ」紀の国みてある記
 18時10分からの番組中で約5分ほど
・1月19日(水曜日)「ぐるっと関西おひるまえ」11時30分から


どうぞご覧下さい。
たぶん店名はどこにも出ないと思いますが・・・。
またバンブー倶楽部の代表、ウメダ電器のブログもご覧下さい。
  

Posted by 若太夫 at 10:01Comments(2)里山

2010年12月24日

竹林にも北風


「バンブー倶楽部」のメンバーと竹林に行って来ました。
新聞記事を見て誘って下さった和歌山市永山にお住まいの方の里山です。
私は初めて行きましたが、ビックリしました。
まだまだ太い竹がいっぱい。




立ち枯れした竹を伐採し、片づけたあとスピーカーにできそうな太いものを2本伐りました。
生えている時はさほど感じませんでしたが、伐って地面に置くと改めてその太さに驚きました。
きっと素晴らしい音を響かせてくれるでしょう。

ただ、それまでにはいろんな加工の苦労が待っていますが・・・。  

Posted by 若太夫 at 11:27Comments(0)里山

2010年10月16日

リースづくりどうですか?


お客様のお一人が「クリスマスリースづくり」をされます。
今朝、試作を持ってきていただきました。
直径40㎝はあるでしょうか。
大変豪華なリースです。











材料は河西緩衝緑地や近くの里山から調達されたそうです。
加工が難しい骨格の部分は作っておいてくれるということで、だれでも簡単にできそうです。
実習の日時は来る12月5日の午前10時~12時です。
参加定員は20人で、今月26日までに申し込むことになっています。
問い合わせは和歌山市松江字29の河西緩衝緑緑地管理事務所、電話073-451-8355の辻さんか尾崎さんまで。  

Posted by 若太夫 at 11:38Comments(0)里山

2010年10月10日

クリスマス準備?


お客様が持ってきてくださいました。来月、これらを使ってリースづくりをされるそうです。

【Tower Bridge Live-London,England,UK】


---------------------------------------------
TeaRoom BURFORD(バーフォード)
 和歌山市船所28-1
 tel 073-453-1293
・営業時間
 月~金…午前10時~午後6時
 土・日・祝日…午前9時~午後6時
・定休日 火曜日

【メニューお知らせ】 http://blog.tearoom-burford.com/
tea@tearoom-burford.com
---------------------------------------------

  

Posted by 若太夫 at 12:00Comments(0)里山